2018年01月

    080

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/01/16(火) 18:16:41.35 ID:CAP_USER9
     将棋の羽生善治竜王(47)が16日、都内で行われた第30期竜王就位式に出席。竜王戦ランキング戦6組優勝者として出席した中学生棋士、
    藤井聡太四段(15)と、式の前に会見に臨んだ。羽生と藤井が公の場でツーショット姿を見せるのは初めて。

     羽生は昨年12月に当時の渡辺明竜王(33)との竜王戦7番勝負を4勝1敗で制し、竜王在位を通算7期として永世竜王の資格を獲得。規定のある
    全7タイトルの永世資格を史上初めて獲得した。その快挙を称えられ、将棋界では初めてとなる国民栄誉賞の受賞が今月5日に決定。はかま姿で登場した
    羽生は「対局直後は実感がなかったのですが、きょう就位式を迎えて、獲得することができたんだということを実感しています」と感慨深げに話した。

     藤井は加藤一二三・九段(78)とのデビュー戦、公式戦新記録の29連勝を達成した増田康宏五段(20)戦と節目がいずれも竜王戦の対局だった。
    今月14日には、一般棋戦の朝日杯オープン戦の準々決勝で佐藤天彦名人(30)を破る金星。同じく4強に勝ち上がった羽生と2月17日の準決勝で、
    公式戦では初めて対戦することが決まった。

     2人は昨年春に非公式戦で2度対局し、1勝1敗。藤井は「私が将棋を始めるずっと前から、第一線で活躍されてきた方。(非公式の対局後)この1年で
    成長したところを見せることができれば」と意気込みを語った。羽生も「どこかで必ず顔を合わせると思っていたが、こんなに早く実現するとは
    思っていなかったので驚いている。持てる力を出し切りたい」と笑顔で話した。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/kiji/20180116s00041000208000c.html


    【羽生竜王 藤井四段と初ツーショット、2月に初公式戦対戦「こんなに早く実現するとは」】の続きを読む

    082

    1: なまえないよぉ~ 2018/01/17(水) 17:43:58.57 ID:CAP_USER
    「信長の忍び~姉川・石山篇~」ビジュアル


    重野なおき原作によるテレビアニメ「信長の忍び」の第3期放送が決定した。4月より「信長の忍び~姉川・石山篇~」のタイトルでオンエアされる。

    ヤングアニマル(白泉社)にて連載中の「信長の忍び」は、織田信長と忍びの少女・千鳥が愉快な仲間たちとともに天下統一を目指す4コマ時代劇。
    2016年10月よりアニメ第1期、2017年4月より第2期「~伊勢・金ヶ崎篇~」が放送された。第3期では信長の愛する妹・市が嫁いだ浅井氏と朝倉氏の連合軍と、織田軍が激突する大規模野戦「姉川の戦い」が描かれていく。
    第3期でもこれまでと同じく大地丙太郎が監督を務め、千鳥役の水瀬いのり、織田信長役の羽多野渉らメインキャストが続投する。


    「信長の忍び~姉川・石山篇~」

    2018年4月より放送・配信開始予定

    スタッフ
    原作:重野なおき(白泉社ヤングアニマル連載)
    監督:大地丙太郎
    キャラクターデザイン:山中純子
    美術監督:湖山真奈美
    色彩設計:加藤里恵
    撮影監督:佐々木明美
    編集:藤田育代
    音響監督:たなかかずや
    音楽:増田俊郎
    アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

    キャスト
    千鳥:水瀬いのり
    織田信長:羽多野渉
    助蔵:村瀬歩
    帰蝶:たかはし智秋
    お市:三森すずこ
    木下秀吉:山口勝平
    森可成:関智一
    浅井長政:内匠靖明
    朝倉義景:岸尾だいすけ

    (c)重野なおき/白泉社・信長の忍び参部製作委員会

    https://natalie.mu/comic/news/265548


    【「信長の忍び」第3期が4月より放送決定!姉川の戦いで義兄弟激突 】の続きを読む


    1: 名無しさん@恐縮です 2018/01/15(月) 21:41:47.72 ID:CAP_USER9
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180115-OHT1T50151.html

    「鶴瓶の家族に乾杯」セットに衣装で登場した笑福亭鶴瓶と鈴木亮平(右)
    077

    7日から放送が開始したNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜・後8時)で、幕末のキーパーソンである岩倉具視役を、落語家の笑福亭鶴瓶(66)が演じることが15日、分かった。

    1999年『元禄繚乱』で歌舞伎狂言作者・並木千柳を演じて以来、2度目の大河ドラマ出演に鶴瓶は「大河ドラマ出演と聞いたときは、ほんまかいなと思いました。岩倉具視については、500円紙幣の肖像で、下級の公家の出だとは知っていましたが、いったいどうやって明治新政府の要職までのし上がっていったのか全く知らないので、興味がわきます。主演の鈴木亮平さんとは、お酒を飲みに行ったりする仲ですが、本格的に一緒に仕事ができることを楽しみにしています。映画で共演した瑛太さんもいますし不安はありません。ただ、男ばっかりなのが嫌です(笑)歴史上の人物としてアプローチするのか、はたまた、自分自身が感じるままに演じるのか、ちょっと悩んでいるところですが、その辺をどうとらえていくのか楽しみですね」とユーモアを交えコメントした。

    また主演の鈴木亮平(34)は「鶴瓶さんが岩倉具視役と伺ったとき、役にピッタリだと思いました。鶴瓶さんはとてもフレンドリーな方ですが、きっと人には見せない、底知れぬ奥深さがあると思います。鶴瓶さんが岩倉具視役になったら、頼れるけど、どことなく怖い、油断ならない役になるのではないでしょうか」と話した。

    【笑福亭鶴瓶、大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定「ほんまかいな」 岩倉具視役】の続きを読む

    このページのトップヘ