2018年04月

    013

    1: 名無しさん@1周年 2018/04/26(木) 20:29:42.76 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180426/k10011418721000.html

    1560年に今の愛知県で行われた桶狭間の戦いで、織田信長が今川義元を倒した場所をめぐる
    論争に終止符を打とうと、地元の住民らが大学の研究者に依頼して古くから伝わる「おけ」を
    鑑定することになりました。

    「桶狭間の戦い」は、愛知県の名古屋市と豊明市にまたがる地域で行われたとされていますが、
    今川義元が討ち死にした場所が歴史的に特定されておらず、名古屋市緑区の公園とする説と、
    600メートルほど離れた豊明市の史跡とする2つの説があり、地元では「桶狭間論争」とも呼ばれています。

    この論争に終止符を打とうと、名古屋市側の住民らでつくるグループが、名古屋大学の研究者に
    依頼して公園近くの神社に古くから保管されている「おけ」を鑑定することになりました。

    グループによりますと、戦の直前に義元の家臣が、本陣近くの神社に「おけ」を奉納したという逸話があり、
    保管されているのがこの「おけ」と証明できれば、義元が神社の近くで討ち取られたとする伝承の
    信ぴょう性が高まるとしています。

    鑑定では「おけ」に含まれる特定の炭素の割合を分析して、50年から100年ほどの幅で年代を測定するということです。

    「桶狭間古戦場保存会」の梶野泉理事長は「結果が出るまで不安だが、私たちの地域が義元の
    最期の地だと裏付けできることを期待している」と話しています。

    鑑定の結果は来月、わかることになっています。


    【桶狭間の戦いの謎のカギを握る「おけ」を鑑定へ。今川義元最期の地を巡る論争に終止符か】の続きを読む

    011


    1: 名無しさん@恐縮です 2018/04/25(水) 19:09:07.19 ID:CAP_USER9
    羽生&羽生、園遊会で奇跡のツーショット
    2018.4.25 17:13更新

    天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が25日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、
    平昌五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生(はにゅう)結弦選手(23)と
    国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生(はぶ)善治棋聖(47)が対面し、笑顔で握手した。

    羽生棋聖は2月に国民栄誉賞を授与された際の記者会見で、羽生選手について
    「読み方は違うが、漢字が同じで親近感を持っている」と話していた。
    政府は羽生選手についても国民栄誉賞を授与する方針を固めている。

    羽生棋聖の妻、理恵さんは3月、ツイッターで
    「羽生×羽生対談の企画をものすごく沢山頂いていますが、羽生結弦選手は今平昌後のお疲れや、
    試合と体調の調整が大切な時期なので、羽生結弦選手がOKされた企画にこちらは合わせます。
    そのように主人からはお返事させて頂いてるようです」と投稿していた。

    https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0180425atA1_p.jpg

    【【フィギュア/将棋】羽生&羽生、園遊会で奇跡のツーショット 】の続きを読む

    このページのトップヘ