069

1: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 22:55:41.22 ID:CAP_USER9
「西郷どん」序盤から“泣ける大河”に 深み持たせた“子役たちの熱演”

 俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第2話が14日に放送された。
初回放送後から鹿児島弁が注目を集めるが、子役の熱演も「泣ける」と話題になっている。

 第2話。鈴木演じる西郷小吉は元服して吉之助と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役を務めていた。
そこで、年貢が払えぬ農民の子で、借金の形にされた娘・ふきと出会う。吉之助の努力も空しく、ふきは身売りされることに。
借金取りから何とかして守ろうとする吉之助に、ふきは「侍さん、もうよかです。私がいけば借金が消えもす。お父とおかんも楽になれる。そいなら私は喜んで売られていきもす」と語り掛け、
「立派なお侍さんに会えて嬉しゅうございました」とニッコリ。吉之助は自身の無力さに怒り嗚咽する…。

 放送後ネットでは、ふき役を務めた柿原りんか(13)の演技を「ふき役の子、凄かった」「泣けた。演技が本当にうまい」と称賛する声が続出。
主演の鈴木も自身のブログで「実は僕は、今週の主役は僕たちではないと思っております。
村の娘『ふき』を演じた柿原りんかちゃん。彼女の切ない熱演に、皆さんも心を奪われてしまうこと間違いなしでしょう」と称えている。

 初回に西郷隆盛の子供時代・小吉を演じた渡邉蒼(13)も、大人顔負けの演技を披露。
腕を切られ、剣を握れなくなった身体に絶望する場面は視聴者の涙を誘った。
鈴木は初回完成試写会で「子役時代を演じ切った渡邉蒼くんと他の若い役者たちに拍手を送りたい。
子どもたちの生き生きとしたとした空気感が『西郷どん』に輝きを与えてくれているなと思う」と子役たちの熱演を賞賛した。
 
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/14/kiji/20180114s00041000360000c.html


7: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:04:03.89 ID:N78gBD140
いとの無責任さにムカついたんだが



14: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:09:08.96 ID:L7nbiaz70
>>7
安請け合い酷かったよなあ



17: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:11:36.02 ID:NFVzWwjK0
一般人「何言ってるかわからねえw」
薩摩人「何言ってるかわかんねえw」



21: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:13:58.18 ID:g2kl4m8P0
この子はすごい



36: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:22:04.82 ID:cSaY2GqF0
なんか大久保はもう西郷達とは若干考え方が違ってるのな
翔ぶが如くの時はもっとみんな同じ考えの仲間というか同志だったからこそ
明治になってからの訣別がドラマチックになったような気もするが
あの大久保なら合理主義的に西郷達を切りそうな感じ



48: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:29:43.00 ID:nN9em4Y80
ストーリー云々は置いておいて、この子の演技は素晴らしかった。



49: 名無しさん@恐縮です 2018/01/14(日) 23:30:06.52 ID:IuP2MGV+0
よくあんな方言噛まずに早口で言えるな



146: 名無しさん@恐縮です 2018/01/15(月) 00:43:00.87 ID:lJgeWE7K0
かなり面白いけどね。
来週も楽しみ。