1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/21(火) 14:31:42.02 ID:h9m/B/yv0
姜維について語りましょう
姜維(202-264) 天水郡出身。字は伯約。最終官位は大将軍。
三国志演義での登場シーンでは諸葛亮の計略を見抜き、趙雲と互角の一騎打ち。
果たして彼は蜀漢を滅ぼした戦犯だったのか?
姜維wiki
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/姜維

4: 名無し 2015/04/24(金) 20:10:19.89 ID:sJHmBre40
>>1なのですが
蜀漢は諸葛亮没後からは北伐をしないで
そのまま内政をし続ければ良かったのでしょうか?
それなら蜀漢をまだ長く維持出来たのでしょうか?

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/27(月) 02:56:56.79 ID:ursw4+GP0
>>4
必然的に蜀が北伐をしないで内政を続けたとしても魏との国力は年を重ねるごとに差が広がり遅かれ早かれ滅ぶのは間違いないでしょう

まだ長く維持を出来た>にしても雀の涙程度では無いでしょうか

因みに北伐の話題が中心となる姜維ですが
守りに徹した剣閣が要害とはいえ少ない兵力で、魏の鐘会を撤退寸前まで追い詰めたのは、素晴らしい統率力に優れていたからと思われます
姜維が守っていた剣閣からは一兵たりとも魏軍から突破されなかったことについては評価に値すると思われます

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/22(水) 11:18:09.30 ID:oH20vKm90
私欲がなくて清廉潔白で一流の指揮官。
傑物だったのは間違いない。
ただ、彼の唯一の欲、つまり「北伐したい病」が国を疲弊させたのは事実。
戦争屋としては有能だが、彼を抑制できる存在がいなけりゃ国が傾くのも当然。
彼と陳祗が実権を握った数年でそれまでの20年間と内外共に真逆の方向に進んだからね。

後世で諸葛亮の後継者扱いで美化されすぎて一番戸惑っているのは当の本人じゃないかなw

9: 名無し 2015/04/26(日) 15:10:45.02 ID:bgL7/Fpy0
しかし、外様でありながら大将軍まで就けたのは評価しても良いが
逆に蜀漢が人材不足で彼しか大将軍の器がいなかったのも否めない

昔仕えている廖化や張翼(因みに張良の子孫らしい)を抜いて出世しているのが凄いよな
少なくとも蜀漢は現在の役所務めの公務員のような年功序列では無いのが分かる

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/02(土) 23:31:14.51 ID:Hu1GwvhG0
北伐を諦めると蜀漢の大義、存在意義が失われて、そっちを重視する層の不満が爆発しかねないんだよな
蒋エン、董允、費イの穴を埋められるまともな人材がもうちょっと出て来てれば、もうちょっと延命できたかもしれないけど、
まぁ遅かれ早かれだわなぁ

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/04(月) 11:12:48.94 ID:3z7EVPKO0
姜維は演義と正史との違いもあるよな
無双やゲームや演義の影響で
孔明の後継者(弟子)みたいな扱いがある

正史を読む限り残念ながら孔明在命中は姜維はこれと言った活躍はしてはいない
孔明は確かに彼を高く評価するようなことは言っていたみたいだが、重要な局面で彼を用いた形跡がない
死に際して後事を託してもいない、孔明が彼を本当に後継者として考え難い

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/03(水) 21:21:55.39 ID:zyZ+Qb6/0
演義で夏侯覇が死んだ時の絶望感・・・

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/04(木) 01:39:06.44 ID:lGOVmoJs0
魏からの降将であること、没落した天水豪族の出であること、蜀の重鎮たちの派閥に入れなかったことetc.
複雑な背景を持つからこそ劉禅の降伏を知り剣閣で刀を折った逸話や鍾会の反乱(未遂)での最期が輝くし、
蜀漢の大義を護りたかったのか、 (涼州での?)権力を求めていたのか、様々な見方ができる点が彼の魅力だと思う
なんとなくだが姜維は蜀将として戦い地位を得る中で、無意識に自分の死に場所を探していたような気がする

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/04(木) 09:35:09.73 ID:EC3SrNrj0
>>25
>無意識に自分の死に場所を探していたような気がする

凄い共感持てるわ

ところで姜維って劉禅に対してはどういった存在なんだろうな
劉禅に絶対の忠誠があったとは思えないんだよな
普通の主従関係だけだったと言ってしまえば終わりなんだけどさ

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/05(金) 11:33:59.15 ID:IhbM2Xt20
最終的に鍾会と組んで反乱を起こしたことについてですが
根っからの武人である姜維が、何故そのような“策”を企てることが出来たのか疑問に思います
皆さんはこの件についてどう考えていますか?

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/05(金) 13:03:56.92 ID:n90tVaCl0
>>26
評価が分かれがちな人物だから共感してもらえてちょっと嬉しい
劉禅に対しては黄皓とか夏侯覇との血縁とか色々考えるべきところがあるけど、
個人的にはある意味で曹操(と荀彧)にとっての献帝みたいな部分があったんじゃないかと思ってる
「反乱に成功して再び劉禅を擁立する」までは大義名分で、姜維はその先に居場所を求めていたのかなと

>>27
異例の人事とはいえ録尚書事に就任してるし(実際は前線にいて政治は二の次だったろうけど)
若い頃から勉学に励んでいたと言われているのである程度の“頭”はあったと思う

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/13(土) 16:28:02.46 ID:qu0l597f0
この人間違いなく文武に天才的な才能はあったんだろうとは思うけど…こういう人の話しを聞くたびにカンシンやハンニバルはマトモじゃなかったんだなと

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/14(日) 01:46:44.79 ID:KkzLML/Q0
姜維の場合、相手もかなりの天才だったからね
鄧艾なんか三国志でベスト10に入るぐらいの名将だし

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/14(日) 04:32:16.06 ID:AiIuQFlo0
>>42
何について鄧艾がベスト10なのか良くわからないが
まさかゲームの能力値総合がベスト10なのか?

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/14(日) 08:21:14.07 ID:ZCVumDU20
>>43
戦略、戦術の構想力とか部隊の統率指揮の巧みさとか所謂名将に求められる能力がってことじゃないの?
鄧艾は例えば中国史全体で名将選ぶなんて話題の時には三国時代からほぼ確定で名前挙がる数少ない人物だからね

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/10(月) 22:22:45.99 ID:M4X/qqwe0
保守ついでに
馬超があと10年生きてたら姜維の立場はどうなってただろうか

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/11(火) 07:54:13.97 ID:bofCmyEj0
>>48
馬超が長生きしていたらか…
面白いのだが
恐らく姜維の関連性は無かったように思える
むしろ蜀漢全体と諸葛亮や趙雲に対しての話題になりそうだな

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/26(水) 19:16:06.34 ID:90R9GugV0
降将が軍権の最高位に就くくらいだもんな
どれだけ人材がいなかったのか想像に難くない