歴史ゲーム

    010

    1: 名無しさん必死だな 2018/03/30(金) 22:03:21.76 ID:pUQEeGdu0
    https://twitter.com/nobunaga_kt/status/979552435675922432
    【シリーズ累計1,000万本突破】この度「信長の野望」シリーズは、35年前に初代『信長の野望』を発売して以来、累計出荷本数が世界累計1,000万本を突破しました。
    シリーズを応援いただいている皆様に心より感謝するとともに、今後も新たな作品を開発してまいりますので、よろしくお願いいたします。



    【コーエーテクモ『信長の野望』シリーズ累計1,000万本突破!!!!!!】の続きを読む

    077

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/03/17(土) 23:32:20.46 ID:CAP_USER9
    「ω-Force」20周年記念ライブで新作「無双 OROCHI3」を2018年発売と発表!
    「討鬼伝」の新作は、ω-Forceの「謎の新作」が発売されたあと?
    2018年3月17日 22:36 Impress Watch
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1112310.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000013-impress-game

    ライブが終わり会場から出るとロビーには早くも「無双OROCHI3」のパネルが掲出されていた
    https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1112/310/04_o.jpg

    3月17日 開催 会場:ディファ有明

    コーエーテクモゲームスは3月17日、「真・三國無双」シリーズや「戦国無双」シリーズなどを手がける開発チーム「ω-Force」が誕生20周年を迎えることを記念してスペシャルライブ「『ω-Force』20周年記念ライブ」を開催した。

    ライブでは制作陣のトークを挟みながら進行。さらには会場からアンコールの声が響く中、会場が暗転しスクリーンに謎の映像が映し出されると同時に、会場からは大きな歓声が上がった。
    ここで発表されたのが「無双 OROCHI3」のティザー映像。ラストには「2018」と表示され、2018年に発売されることが示唆された。会場内からは「待ってた!」の声も聞かれ、大きな興奮に包まれた。

    さらに、ライブの時系列的にはこれに先んじることになるが、ω-Forceのブランド長、兼「討鬼伝」IPプロデューサーの小笠原賢一氏がトークコーナーで、「『討鬼伝2』以降パッケージ版のタイトルは発表していませんが、ω-Forceとして手がける他のプロジェクトが進行中で、これをしっかり終わらせたら、(『討鬼伝』の)新しいのをやりたいので、もうしばらくお待ち頂きたい」とコメント。

    先にはなると思われるが、ラインナップとして計画されていることを明らかにした。また、“他のプロジェクト”についても、「驚きのタイトルで、そちらもしばらくかかる」と言うことで、こちらも非常に気になるところ。

    【シリーズ最新作「無双OROCHI3」ティザームービー】
    https://youtu.be/wjOcGq-8EWA



    ライブは、会場から開演まで、MCを務めた石田三成などを演じる竹本英史さんと王元姫を演じる伊藤かな恵さんの影ナレでひと盛り上がり。
    スクリーンには「三國無双」の映像まで流され、大きな歓声が上がる。各タイトルの懐かしいオープニング映像も流され、来場者によって思い入れがあるタイトルが違うのか、それぞれに歓声が上がることもあった。

    開演1曲目はやはりこの曲、「DYNASTY WARRIORS」から。たたみかけるように「真・三國無双」のシリーズ楽曲が披露された。
    同作のトークコーナーでは、演奏ではギターとして参加したMASAサウンドディレクターとIPプロデューサーの鈴木亮浩氏がライブ開催にあたっての苦労話などを披露。

    MASAサウンドディレクターは、「念願のゲームミュージックのライブ」ということで楽しくて仕方がなかったとか。
    ところが昔の曲をバンドアレンジのために発注する際に、「古いデータだから取り出せない。古い媒体に収められているから読めない、フリーダムに作っていたから譜面がない」というないないづくしで、結果的には「耳コピしてください」とアレンジを担当した榎本 敦さんにお願いしたのだとか。

    鈴木氏は「迫力抜群で感動しました」とコメント。
    開発当時を振り返り2人は「当時、歴史ゲームを作っているのではない。アクションゲームを作っているので、中国色にこだわらずノリを大切にして欲しいと言われた」と語る。
    MASA氏は「初めて作った曲が『DYNASTY WARRIORS』で、おそるおそる小笠原氏に聞かせたら、『もうちょっと短くなりませんか?』とだけ言われ、ホッとしました」という。

    ラストに挨拶した鈴木氏は「まだ発表していないが、『真・三國無双8』は次のアップデートに着手している。どんどん良くしていこうと思っています」と今後の予定を明かした。



    【コーエーテクモ、新作「無双 OROCHI3」を2018年発売と発表! 「ω-Force」20周年記念ライブで】の続きを読む

    このページのトップヘ