大河ドラマ

    001

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/02/19(月) 13:11:12.94 ID:CAP_USER9
    「西郷どん」第7話は14・3% 橋本愛の花嫁姿がネットで話題
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/19/kiji/20180219s00041000141000c.html

    俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第7話が18日に放送され、平均視聴率は14・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    第1話=15・4%、第2話=15・4%、第3話=14・2%、第4話=14・8%、第5話=15・5%、第6話=15・1%と推移。今回は同時間帯に小平奈緒(31)が金メダルを獲得した「スピードスケート女子500メートル」(TBS=平均21・4%)、タレントで女優のイモトアヤコ(32)が南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフ登頂に挑戦した「世界の果てまでイッテQ!南極3時間スペシャル」(日本テレビ=平均19・2%)が放送されたこともあり、微減となった。

    大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」などで知られる中園ミホ氏(58)。初の大河脚本となる。演出は野田雄介氏ら。

    第7話は「背中の母」。祖父・龍右衛門(大村崑)が亡くなり、母・満佐(松坂慶子)は、吉之助(鈴木亮平)の嫁取りをせかすが、薩摩藩主の斉彬(渡辺謙)に伴い江戸に行きたい吉之助は結婚を拒む。だが吉之助は、父・吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされる。母のために何ができるのか。心痛める吉之助は、伊集院家より須賀(橋本愛)を嫁にもらうが、須賀は不器用で無愛想な嫁だった…という展開だった。

    西郷家に嫁いだ須賀を演じる橋本が初登場。「花嫁姿がきれい」「どんな奥さんなんだろう?」とネットで話題となった。

    【大河ドラマ「西郷どん」第7話は14・3% 橋本愛の花嫁姿がネットで話題】の続きを読む

    049

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/02/14(水) 10:53:23.17 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000098-spnannex-ent

     俳優の鈴木亮平(34)主演で放送中のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の追加キャスト発表会見が14日、東京・渋谷の同局で行われ、徳川慶喜役の松田翔太(32)ら追加キャスト発表された。

     大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。脚本はNHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」などで知られる中園ミホ氏(58)。初の大河脚本となる。演出は野田雄介氏ら。これまで第6話まで放送されている。

    【「西郷どん」徳川慶喜役の松田翔太ら追加キャスト発表】の続きを読む

    160

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/02/12(月) 11:27:22.64 ID:CAP_USER9
     俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第6話が11日に放送された。

     第6話の副題は「謎の漂流者」。西郷吉之助(鈴木亮平)は御前相撲で藩主・島津斉彬(渡辺謙)を投げ飛ばしてしまい、牢屋(ろうや)に入れられる。そこで謎の漂流者(劇団ひとり)と出会い、牢屋から出た後に男を西郷家でかくまうことに。

     一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る岩山糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。そんな糸を連れ出した大久保正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。

     劇中で劇団ひとり演じる「謎の漂流者」の正体が「ジョン万次郎」と明かされると、ネットが沸騰。放送後には「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど高い注目を集めた。

     「歴史のキーパーソン。いい役だった」「この時代に異国を知る数少ない男だね」「斉彬が異国から学ぼうとする姿勢がいい」「土佐がルーツの劇団ひとりもよかった」などの声が集まった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14289148/


    【「西郷どん」劇団ひとり演じる「謎の漂流者」の正体明かされネット沸騰】の続きを読む

    144

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 12:51:32.70 ID:CAP_USER9
     女優の北川景子(31)が4日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・00)第5話から篤姫役で登場する。大河ドラマは初出演。
    出演者発表会見の場で大河出演を目標の一つにしていたといい「関わることができて、とても光栄で、とても身の引き締まる思いです」と喜び、日々の撮影に臨んでいる。

     演じるのは薩摩・島津家の分家に生まれ、後の篤姫として知られる於一(おいち)役。島津斉彬(渡辺謙)の目に留まり、13代将軍の徳川家定(又吉直樹)の正室となるが、
    婚儀をまとめるために奔走する西郷隆盛(鈴木亮平)との間に恋心が芽生え、大いに揺れ動く設定だ。
     ?
    4日の第5話で、藩主に就任した斉彬の御前相撲に参加した西郷吉之助(鈴木亮平)と於一は出会うことに。

     自身の公式サイトで撮影現場の様子について
    「先輩方とご一緒して改めて自分の未熟さを知りました。今週は薙刀やお琴もあり追い込まれてもいたのですが、先輩方のお芝居に圧倒され意気消沈しつつも必死に食らいついていく毎日でした」
    と共演者の演技に刺激を受けていると報告。「こんな経験、滅多にできないと思います。1日1日、大切に取り組んでいきます」と思いをつづった。

     制作統括の桜井賢氏は出演者発表会見の場で、北川の魅力を「にらまれたらドキッとするというか、ツンとしている時から笑った時にドキッとする」と説明。
    「そういったかれんさや情熱が、篤姫に乗り移るのではないか。見たことのない篤姫を演じてくれると思う」と期待を込めた。

     3日に千葉県成田市の成田山新勝寺で行われた節分会に参加した北川。「仕事で豆まきをしたのは人生初めてでしたので、新鮮で楽しかったです」とニッコリ。情熱的で快活な篤姫として「西郷どん」を盛り上げる。

    【篤姫役の北川景子「先輩方のお芝居に圧倒され必死に食らいついていく毎日」「1日1日、大切に取り組む」】の続きを読む

    このページのトップヘ