おんな城主 直虎

    0873

    1: 名無しさん@1周年 2018/03/28(水) 05:24:18.24 ID:CAP_USER9
    ◆直虎効果248億円 浜松市発表、「真田丸」超える

    遠州ゆかりの女性武将・井伊直虎が主人公となった2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」がもたらした静岡県内への経済波及効果が248億円に達したことが27日、分かった。
    物語の舞台となった浜松市の鈴木康友市長が同日の定例記者会見で明らかにした。

    このうち、同市内分が約8割に当たる207億円を占めた。
    長野県上田市が同県内で200億9千万円と公表した16年の大河ドラマ「真田丸」の額を超えた。

    経済波及効果は、浜松市が「県西部地域しんきん経済研究所」に委託して算出した。
    市が取りまとめた観光客の増加数と県の統計資料、観光客へのアンケートに基づく1人当たりの消費支出額から推計した静岡県内への直接効果は155億円に上った。

    土産物の製造販売や各種サービスなどで地元の雇用者所得が増え、消費が拡大したことによる間接効果は93億円と算定した。
    市のまとめによると、17年の宿泊客は前年比4万4千人増、日帰り客は183万人増だった。

    同市北区に開設した大河ドラマ館には約78万人が訪れた。
    市内の直接効果は139億円、間接効果は68億円になった。
    直虎関連の経済波及効果については、日銀静岡支店が16年4月に179億円前後との試算を公表していたが、大幅に上回る結果となった。

    http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/472401.html



    【大河ドラマ「おんな城主 直虎」効果248億円 浜松市発表、「真田丸」超える】の続きを読む

    023

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/27(月) 20:52:05.09 ID:CAP_USER9
     女優の柴咲コウ(36)が主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)は26日、47話「決戦は高天神」を放送。戦国武将・武田勝頼(奥野瑛太)の死が描かれた。
    勝頼の死は昨年の大河ドラマ「真田丸」では第1~2話で描かれた場面で、SNS上には「ついに真田丸とつながった」などと反響の声があがった。

     「真田丸」の第45話「完封」では、「直虎」の主人公・井伊直虎(柴咲)の養子・井伊直政(菅田将暉)の名前が登場。
    直政の次男・直孝の陣と対峙した主人公・真田幸村(堺雅人)が「向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな」と話すシーンがあり、
    当時SNS上には「何気に来年の大河の番宣になっていた」「さり気なく直虎につながっているのがすごい」などと脚本・三谷幸喜氏(55)の“粋な計らい”を絶賛する声が相次いでいた。

     ネットではおよそ1年越しに幸村のセリフが再び注目を集め、「たしかに井伊家にもいろいろなことがあった」
    「直虎、真田丸と流れがつながっていて楽しい」「きょうは真田丸1話の徳川サイドの話でもあった」「直虎が終わったら真田丸再放送してほしい」などと大いに沸いていた。 
     


    【「直虎」武田攻めでついに「真田丸」とリンク 1年前の幸村のセリフにネット再び反響】の続きを読む


    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/12(日) 21:42:17.87 ID:CAP_USER9
    平埜生成の役者としての“意識の変化”に迫る! NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で“悲運の武将”徳川信康を熱演!!

     NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」はクライマックスへ向け、その展開に毎週、目が離せません。同作で、徳川家の運命を握る“悲運の武将”徳川信康を演じる平埜生成さんをクローズアップ。役についてのことを中心に伺いつつ、ご本人の素顔にも迫りました。

    ──大河ドラマ出演のお話を初めて聞いた時の心境は?

    「“日本のドラマの代表”というイメージを持っていたので、お話をいただいた時はビックリしました。信康役だとうかがい、自分で歴史のことなどを調べていくうちに“すごい!”と。
    『こんなにすてきな役を大河ドラマでいただけるなんて、ありがとうございます!』って思いました」

    ──歴史上、信康の人物像は諸説ありますが、今回の「直虎」ではとても聡明で優しく、まさに“プリンス”。

    「自分で調べていた時は、いろんな説があって、信康のどこに軸を持っていけばいいんだろう…と思っていたのですが、プロデューサーさん、監督さんとお話をさせていただいて、
    『この“おんな城主 直虎”の世界での信康を演じてください』と、とても明確な答えをいただけたので、そこに完全に身をゆだねようと。
    信康は、優しく、上品で、そして人を引きつける魅力を持っている。答えが明確であればあるほど、逆にすごく難しいなと。『直虎』の世界の信康は、彼が死に向かう過程で、どれだけ彼が徳川のことを思ってきたのか、家来に慕われていたかなども描かれていて。
    また、彼の死が“こういうことは起こってはいけない”という、家康や万千代が変わっていくきっかけにもなる。僕は『直虎』の世界を信じて、『直虎』の信康を演じました」

    ──信康の登場は、終盤のまさに物語の佳境のタイミングからですが、それまでの「直虎」の印象は?

    「戦国時代といえば自分の中で“下剋上”のイメージがあって、単純明快というか、ある意味、さっぱりとした世界なのかな、と思っていたのですが、『直虎』は逆で。そのもっと裏の世界を描いていて、見ていて歯がゆい思いもしました。
    でも、実際はこうだったんじゃないかなって、すごく人間味を感じましたね。そして人の死がある意味テーマで、死ぬこと、残される者のこと、歩んでいく未来…いろいろ考えさせられる、本当に深い物語だなと思いました」

    >>2以降につづく) 
    http://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20171112/01.html

    【「直虎」で“悲運の武将”徳川信康を熱演!! 平埜生成の役者としての“意識の変化”に迫る!】の続きを読む


    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/13(月) 11:24:37.30 ID:CAP_USER9
    12日に放送された柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜・後8時)第45話の平均視聴率が10・7%だったことが13日、分かった。

     前回の11・4%から0・7ポイントのダウン。8月6日放送の第31話で記録した最低記録10・6%をわずか0・1ポイント上回る低い数字となった。

     初回16・9%でスタートした同作品。第2話15・5%、第3話14・3%と2放送回続けてダウンしていたが、第4話で16・0%の大幅アップ。第5話も16・0%だったが第6話で14・5%とダウン。第7話12・9%、第8話13・4%、第9話14・0%、第10話12・5%、第11話13・7%、第12話12・9%、第13話13・1%、第14話12・9%、第15話14・4%、第16話13・7%、第17話11・0%、第18話14・3%、第19話13・9%、第20話14・5%、第21話13・2%、第22話12・1%、第23話12・3%、第24話12・4%、第25話12・3%、第26話12・4%、第27話12・4%、第28話12・0%、第29話11・9%、第30話11・3%、第31話10・6%、第32話12・0%、第33話12・4%、第34話11・2%、第35話11・3%、第36話12・1%、第37話13・3%、第38話11・7%、第39話11・7%、第40話11・6%、第41話11・8%、第42話11・9%、第43話12・9%、第44話11・4%、そして今回と推移している。

     「おんな城主―」は戦国時代から徳川家を支えた名門・井伊家の戦いを描く物語。幕末の大老・井伊直弼(なおすけ)の先祖に当たる柴咲演じる直虎(柴咲)は出家して尼(次郎法師)になっていたが、お家断絶の危機に直面すると、直虎を名乗って城主に。乱世に立ち向かっていくというストーリーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000084-sph-ent


    【NHK大河「おんな城主 直虎」第45話でワースト2位の10・7% 】の続きを読む

    007

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/06(月) 10:51:38.48 ID:CAP_USER9
    女優柴咲コウ(35)が主演し、5日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第44話の平均視聴率が、関東地区で11・4%だったことが6日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は12・9%だった。

     同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

     6日の回は、浜松城では家康(阿部サダヲ)の臨席の元、万千代(菅田将暉)と万福(井之脇海)の「甲冑(かっちゅう)着初め式」が執り行われていた。一方、井伊谷では祐椿尼(財前直見)に病の影が忍び寄る。
    家康の小姓として田中城攻めに同行することになった万千代は、家康の命を狙う間者を見事討ち取り、一万石の知行を与えられることになる。直虎は万千代に井伊の安堵を考えていないかと確かめるが、万千代は「井伊のものであったものを井伊が取り戻して何が悪い」と反発する。そんななか、祐椿尼が息を引き取る、という内容だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00046140-nksports-ent


    【柴咲コウNHK「直虎」母旅立つ11・4% 】の続きを読む

    このページのトップヘ