将棋


    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/14(金) 20:01:16.72 ID:CAP_USER9
    将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が14日、大阪市内の関西将棋会館で指された王位戦の初戦となる予選2回戦で山崎隆之八段(37)に138手で敗れた。8大タイトル戦での初戦敗退は初めて。

     3日に行われた前局の敗戦で、今年度中にタイトルを獲得する可能性が消滅。来年度に目標を切り替え、再スタートを期した一局で今期初、通算2度目の連敗(テレビ棋戦は対局日で計算)を喫した。有利とされる先手番では16連勝中だったが、これも途切れた。

     序盤から激しく駒がぶつかり合う激しい将棋で先に1分将棋に追い詰められ、そのまま押し切られた。山崎の所属する森信雄七段(66)一門は、A級棋士の糸谷哲郎八段(29)ら、森を含め総勢11人の現役棋士を擁する関西の一大勢力。これまで藤井を苦手とし、対戦成績はこれまで0勝11敗だったが、山崎の初白星で留飲を下げた。

     藤井の今期の成績は18勝5敗、通算成績は89勝17敗。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000134-spnannex-ent


    【藤井聡太七段 王位戦初戦で山崎隆之八段に敗退 通算2度目の連敗】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/14(金) 19:57:02.23 ID:CAP_USER9
     公式戦100局を終えた時点で15敗。勝率は8割5分と驚異的で、先手番では9割を超える。これまで藤井聡太七段に黒星をつけた棋士が明かす天才の「急所」と「攻めどころ」とは。

    「東の天才」と呼ばれ、「西の天才」のライバル一番手に挙げられる増田康宏六段(20)。才能溢れる鋭い将棋同様、言葉も切れ味がいい。「今、いちばん強い棋士は藤井さんです」と断言する。

     2017年、連勝新記録となる29戦めの相手となり、大注目のなかで藤井の強さを見せつけられた。「他人の成績には興味がない」と言う男が、この1年、藤井の将棋だけは見続けてきた。そして2018年6月、ついに雪辱を果たした。

    「ほかの棋士との対戦で、事前に何か意識することはないですが、藤井戦は特別です。これまでの将棋を見てきて、時間がなくなってくる終盤ではミスも出ていた。時間がなくなり、疲れの出る終盤では誰でもミスが出ます。それは藤井さんも例外ではない。相手に時間を使わせることを意識して、自分はふだんよりテンポを早めて指しました」

     作戦は成功。終盤まで時間を残した増田が完勝した。

     藤井は持ち時間の長い将棋に強く、短いと勝率が下がるといわれているがーー。

    「そうですね。持ち時間が短い将棋は直感勝負になるため、運に左右される部分が多くなります。それに藤井さんのように対局が多いと、長時間と短時間の将棋の両立も非常に大変です。とはいえ、朝日杯で優勝されていますし、早指しに苦手意識があるわけではないと思います」

     手番に関しては、後手番での勝率のほうが実際に低い。

    「攻め将棋の人は先手のほうがやりやすい。藤井さんは微妙な攻めでも自信を持ってやってくる。これは相手からすると嫌なもので、心理的な影響がある。逆に、藤井さんは自分が攻められている状況はあまり得意ではないと思います」

     最後にこう締めくくった。

    「“敵わない” という無意識の壁を破らなければ。私が勝ったことで、若手の藤井さんに対する意識が変わったと思います」

    ますだやすひろ
    1997年11月4日生まれ 東京都昭島市出身 2018年5月六段昇進、C級1組

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00010005-flash-ent


    【藤井聡太を打ち破った男「増田康宏六段」が語る攻略法】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/09(日) 22:00:24.22 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000178-sph-ent

    優勝を決めて笑顔の藤井聡太七段
    010



    将棋の藤井聡太七段(16)が9日にインターネットテレビ局「AbemaTV」の将棋チャンネルで放送された非公式戦「第1回AbemaTVトーナメント inspired by 羽生善治」の決勝で佐々木勇気六段(24)を破って初代王者に輝いた。

    持ち時間各5分で、1手指すごとに5秒加算される「フィッシャールール」を採用した超早指し棋戦。
    自らルールを提案した羽生善治竜王(47)、久保利明王将(43)、高見泰地叡王(25)ら強豪ばかり14人が集った棋戦を制した藤井七段は「初めての持ち時間で不安というか…どうなるか分からないところもありましたけど、優勝という結果を残せたことは自信になりました」と笑顔を見せた。

    決勝3番勝負の相手になったのは羽生竜王を準決勝で破った佐々木六段。
    昨年7月に史上最多連勝の記録を29で止められた因縁の相手に1局目で先勝を許したが、2・3局と連勝して逆転Vを飾った。
    「特に意識はなかったです。盤上に集中しないといけなかったので。1局目は悔しい敗戦だったんですけど、2局目は序盤から積極的に指すことが出来て、良い流れで3局目も積極的に、という方針を貫いたことが結果的に幸いしました」

    詰将棋でも超絶的な読みのスピードを披露する16歳だけに、ルールにも順応した。
    「少しずつですけど、短い持ち時間に合った戦い方が出来るようになりました。感覚が研ぎ澄まされ、新鮮な面白さを感じました。また今回のようなルールで対局するのは面白いなと思います」。
    既に2月の公式戦「朝日杯オープン」戦で全棋士参加棋戦の史上最年少優勝を果たしているが、今回の優勝も次なる領域への大きな勲章になりそうだ。

    【藤井七段、超早指し棋戦「AbemaTVトーナメント」優勝 決勝で因縁の佐々木六段下す 】の続きを読む


    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/06(木) 22:01:46.01 ID:CAP_USER9

     将棋の第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局が6日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われ、広瀬章人八段(31)が深浦康市九段(46)を破り、2勝1敗で羽生善治竜王(47)への挑戦権を獲得した。広瀬八段の竜王挑戦は初めて。七番勝負は10月11、12日に東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂での第1局で開幕する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00050099-yom-ent


    【【将棋】広瀬章人八段、羽生竜王への挑戦権獲得 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/09/05(水) 23:45:33.53 ID:XUUcXTnu0● BE:601381941-PLT(13121)
    現役プロ棋士と対局できる宿泊プラン発売、将棋の聖地「旬景浪漫 銀波荘」で、一人3万4000円から

    KNT-CTウエブトラベルは、現役プロ棋士・女流棋士と1対1の対局が体験できる宿泊プランを発売した。

    数々の将棋のタイトル戦の舞台となった「旬景浪漫 銀波荘」の壺中庵貴賓室「観月」で、対戦するプロ棋士は
    王将タイトル所持の久保利明氏や藤井聡太七段の師匠である杉本昌隆七段。
    鈴木環那女流二段、里見咲紀女流初段の女流棋士も参加する。

    壺中庵貴賓室「観月」は、名棋士・故大山康晴十五世名人が設計した客室で、これまでに大山氏をはじめ
    加藤一二三九段や羽生善治竜王などが、数々の名勝負を繰り広げた場所。プラン当日は、対戦棋士は羽織、
    袴、着物着用で出迎え、タイトル戦で使用されたことのある将棋盤や駒も使用するなど、タイトル戦のような
    雰囲気での対局ができるという。

    このほか、対局後の振り返りである感想戦も行ない、揮毫や写真撮影も可能。設定日は10月と11月の週末
    計8日で、プランの料金は一人3万4000円~18万3500円。同プランは今年初夏にも実施しており、好評を受けて
    2回目のプランを企画した。

    https://www.travelvoice.jp/20180905-116821

    鈴木環那女流二段
    026

    里見咲紀女流初段 
    027


    【現役女流棋士と対戦できる宿泊プラン登場 袴、着物でお出迎え、感想戦も 3万4千円~】の続きを読む

    このページのトップヘ